コミティア113終了報告

コミティア113に参加された皆様、おつかれさまでした。
当サークルにお足を運んでくださった方、ありがとうございました。

8月のティアはコミケ後ということもあって、
普段より落ち着き気味かなーと思っていたのですが、
今回はなんだかにぎやかでしたね。うれしい限りです。

おかげさまで用意していたペーパーはすべて配布できました。
手に入らなかった方、申し訳ございません。
新作の情報は出せる段階で随時公開していきますので、お楽しみに。

次回は11月のティアに参加予定です。


※追記は久々の反省文
追記:反省文

私は8月のティアにはちょっとしたおもいれがございましてね。
8月(確か85だったかしら?)から参加したと記憶していますので。
最初はそりゃまァ、ヒドいもんでしてマンガ描くのやめようかと思ったくらいですよ。

それでもウチに来てくださる皆様のおかげでナントカ続いているのですけど、
やはり、そこそこ参加していても、今回もヘコんで帰って来たワケですね。
いやもう、なんていうか、上手くなりたい。

本を買っていただくだけでも十分ありがたいのに、
たまに、本当にありがたいことに、お褒めの言葉をいただくのですが、
いやいや、もう、お恥ずかしい限りで……


私の場合、「好きなマンガ」と「やりたいマンガ」が微妙に違うようでして、
どうしても、「勝ちたい」とか、「売れたい」という邪念が常に二律背反を突きつけるのです。
いや、まァ、マンガは勝ち負けじゃねーよと仰るかもしれませんが、
私は以前の連載で打ち切りをいただいた時、「負け」を感じたのですね。

負けたからには、その理由は実力不足など自分にあるのですが、
そうなったからには、やはり次は「勝ちたい!」と、より思ってしまう性分でして、はぁ……

で、話が最初に戻るワケですが、私は初参加のコミティアでも「負け」を感じて、
次こそはと思って毎回やってきたのですが、負け越してますね。
私の本を読んでくださる皆様に、「勝ち馬だぞ!乗れ乗れ!」って、
早く胸を張って言いたいものです。


しかしながら、「ほんとうのプロ」は、そんなこと軽ーく超越しているように見えますけどね。

まだまだ私はヒヨッコだということで、反省文、終了です。