いまいち祝えない1周年

本格的に同人活動を始めて、はや約1年。
絵は格段に上手くなりました。
元がしょぼすぎだったので…ええ。ホント。

私は相変わらずこの世界が嫌いです。
ただ『生かされている』という感覚がつきまとうのです。

私にとって『普通』とか、『共感』とかを追うことは苦痛です。
何を言われても、生理的に無理なのです。
自分の価値観や世界を捨てるなら、死んでしまってもいいとすら思っています。
私はあまりに、この世界に未練が無いのです。

だから、どうせなら、好きなことをすることに決めました。色んなものを捨てて。
それが、1年前の大まかな話。

それはさておき…
私の絵が好きだと仰ってくださる方や、毎回サークルに来てくださる方。
本当に感謝しています。ありがたいことです。未熟な私にはもったいないくらいです。

私は、絵を描くのはもちろん好きではあるのですが、反応があったほうがモチベーションが
増加(激増)しますので、皆様のお声の1つ1つが、いちいち嬉しいのです。
よろしかったら、これからもこの狂人の行く末を見てやってください。

と、大きなものを手に入れた一方で、色々なものを失くした気がします。
かつて熱を帯びていたもの。
結局は金の切れ目が縁の切れ目だったもの。
普通という抗い難い流れに溺れていったもの。
いろいろ失くしました。
それらを否定することはできません。私にも落ち度があったに違いないのです。
でも、残念で、虚しくて、結局この世界を怨むことしかできません。

失くしたものは取り戻せばいいと、よく言うみたいですが、そんなのは嘘です。
割れたグラスは決して元通りになることがないのが理。
代替物で我慢するしかないのでしょうね。きっと。

最後に。
鬱文失礼しました。私の脳の奥にはいつも物憂げな少女が横たわっているのです。
彼女が眼を覚ますとこんな感じになってしまうのです。
それが私の本質であることもまた事実でして…
まあ、共存するしかないですね。可愛く描いてみましたのでカンベンしてください。

今年は大きなサークル内で動きがあるかもしれません。
…てか、私が肚の中で企んでいるのですが、まあ、それは、そのうち。

皆様には、面白いものがお届けできればと思っています。
私は、まだしばらくは、面白可笑しいピエロでいようと思っていますので、
できればでいいのでよろしくお願いします。

blog080503

コメント

おじゃまします。

こんにちは。
突然おじゃましてしまいました。
素通りは失礼かと思い、コメントだけ残させてもらいます。

またお邪魔するかと思いますが、今日はこのへんで。
ではでは^^。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する