スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きんきょー140605

だいぶ間が開いてしまいましたが、とくに情報もないので雑談でも。

最近アメコミの実写映画化作品では、現実と地続き、
あるいは、現実問題を取り入れた(比喩的な場合もありますが)作品が多いと思うんですよ。
んでもって、ファンタジーならではの爽快感や痛快な解決の仕方をする。
(めでたしめでたしばかりではありませんが)
私はこれを大いに見習いたいな、と。

特にいいなーと思うのが、「ダークナイト」ですね。バットマンリブートシリーズの2作目。
非常に乱暴な言い方になりますけど、超かっこいいじゃないですか。
フランク・ミラーのコミック版も読みましたよ。
深い…深すぎるぜバットマン…

「アベンジャーズ」も好きです。クロスオーバー企画、
オリジナルでいつかやりたいなぁ…

私が商業誌でやる場合の考えですが、
好きってだけでも、風刺、話題だけでもちょっと足りないと思っています。
世の中に作品いっぱいあるので。
前に「チームで」って言いましたが、このヒントをまだひきずっています。
だって、映画やアニメ業界では常識じゃないですか。チームとかスタジオとか。

今、どうしたら自分の作品を見てもらえるか考えています。
深刻に考えてはおりますが、悩んではおりませんので大丈夫。
しかしアイデアを!神様!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。