いまこそ修羅となる刻

前の日記で「いつもどおり」にしていようと書きました。
言ったそばから「いつもどおり」になってないっす…

5月コミティアに向けて、明らかにレッドゾーンで絶賛作業ちゅ!(流行る気配なし)
新刊は『カレスコ』の最終巻の予定ですが、今度こそ本当に落とす勢いです。

ページ数がハンパないのですが、途中で切ると面白くない。そして、
連休前で印刷所様の〆切が若干早いような…見間違いじゃないのかな…?あはは…

でも、いっしょうけんめいやります。
もうホント、なんか余裕なくてすみません…

どうでもいい話ですが、
私はキャラを立てるときに、フィギュア化を前提に作るのですが、
中でもこの二人は、今までのキャラ中で、とてもよくできたコたちじゃないかと。

立体にしたらぜったいカワイイよ!
うふふ…アハハ…(行ったら帰って来れなくなる目)

blog110326

いいたいことはやまほどありますが

言いたいことなんて山ほどあります。
でも、どれもこれも「本当」には届かない気がして。

私にできることは、「いつもどおり」にしていることではないかと、思うのです。
もちろん、誰かのことを、精一杯考えながら。

そして、みんなが「いつもどおり」になった時、言えたらいいなと思うのです。

「おかえり」と。

blog110313

ぬりました

色々たてこんでまして、ようやく塗りました。
よく考えたら寒いのか暑いのかわからない服装ですが、この時期にフィットしてるかと。

つくづく思いますが、やらないことは上手くならないのです。
すげーがんばってる人とか見ると申し訳ないやら恥ずかしいやらで…
まだまだ自分はがんばってる「つもり」なんだなぁ、と。

漠然と、どこまで行くんだろうなぁ。とか考えてましたが、
まだどこにも行けてなかったワケですね。ああ、ちくしょう。

と、まあ色々言いましたが、結局何を言いたいかというと、
薄着マフラーは鼻血ものだよ!ということです。

blog110303