FC2ブログ

黒猫クインキャット【2-C】②

黒猫クインキャット【2-C】、「吾輩は猫である」の②、公開です。
どうぞお楽しみくださいませ。

この展開は当初から予定にあって、
黒猫クインキャットのテーマであり、アンチテーゼであり、存在理由でもあります。

猫が多くの人にとって、「親愛なる隣人」であること。
そして、けっして「カワイイ」だけの存在ではないということ。
作品は読んでくださった皆様のものですので、解釈はお任せしますが、
やはり曲りなりにもヒーローものを描く者の端くれとして、
ある程度の信念を以ってエンタメにしようと挑んでいたりもするのです。

以上、偉大なるスタン・リー御大へ無限大のリスペクトと追悼を込めまして、
勝手にお送りしました。


さて、いよいよ次回から最終話です。
無理矢理にでも着地を決めるのも私の信念のひとつですので、
どうぞお楽しみに。

黒猫クインキャット【2-C】①

黒猫クインキャット【2-C】、「吾輩は猫である」の①、公開されてます。
お待たせしてしまって申し訳ありません。

……いや、申し訳は先日申し上げたとおりの、
ペンタブお亡くなり事変です。さすがに想定外ですよ。

今回は人物までが前の装備で、
背景や怪異などその他が新しい装備で挑んでおります。
前より快適に描けているので、背景などのほうが
若干キレイにできているのではないかと……


見所は覚醒わんわん兄妹ですかね。
私はデカい犬、苦手です。思わず道を譲っちゃうくらい苦手です。
スタンダードプードルくらいになるともうダメ。
犬に限らず、デカい生き物はちょっとアレです。
クジラとかもう神の領域。

嫌いじゃないんですよ。底知れない畏怖があるというか……
「うわ!生き物!」って思っちゃうんですよね。
遠くから眺めるのは好きなんですけど……

20000

今度こそ景気のいいハナシを……

当ブログは先日20000hitをいただきました。
よくもまァ、こんな僻地辺境に来ていただきまして……
本当にありがとうございます。

で、記念のイラストでも描いてみようかと思ったのですが、
原稿が完全にカオスですので、取り急ぎはラフで失礼します。
落ち着いたらちゃんとやります。



……と、まァ、景気のいいハナシなどしようとすると、
どうしても「いい人」になってしまって、
当たり障りの無い、無味乾燥で上っ面なモノばっか出来上がりやがります。

言葉で感情を撒き散らすのはカンタンなのですが、
一応まだ作家ですので、そういうのは作品に込めようと思います。
自分で選んだ生き方くらい、責任取りませんとね。

イノベーションとは縁が無い

いつまでも景気の悪い話がトップに来ているのは目の毒なので、
最近起こったことでも……

ペンタブ壊れました。
(怒りに任せて窓から投げたわけではない)

長らくCintiqの21型を愛用(むしろ依存)してたのですが、
ついにイカレちまいました。
自分で調べた限りでは寿命じゃないかな、と。
今までありがとう。

で、せっかくなので最新型(Cintiq Pro)を買おうかと思ったのですが、
在庫がございませんとのこと。予定も未定。

……え?
旧型買うの? それとも、期日未定で無職?

さんざん迷った挙句、旧型(22HD)を買いました。
一応連載持ちという責任を果たすためとはいえ、痛すぎです。
おお、久々に死にたいぞ。

まあ、描けますよ。そりゃ、「今までどおり」に。
スペックは今までの21型と変わりませんから。
でもね、どうせなら最新のやつ、使いたいですよね……
新しい機材を導入して新しいことが起こらないということは結構ガッカリするものです。

wacomさん、あるいは、家電量販店さん、
買い替えキャンペーンとかやっていただけないでしょうかね……
エコ意識に反しますが……

そもそも21型を買ったときも、その直後に22HDが出たんですよね。
ことごとくイノベーションとは縁が無いらしいです。


また景気の悪い話になってしまったので、良かったことも。

タブレットの表面に貼る、ペーパーライクフィルムなるものを初めて使ったのですが、
これはすごいです。超イケてる。
フェルト芯だとあっという間に芯が無くなりますが。

それと、コミスタからクリスタにようやく乗り換えました。
こっちもまたすごいですね。さっさと乗り換えれば良かった。
とにかくできることがたくさんあります。
これを機に水彩でも勉強しようかな。

残念なお知らせ

残念なお知らせです。

【黒猫クインキャット】は、単行本2巻分をもって終了します。
読んでくださった方、応援してくださった方、申し訳ございません。

ハッキリ言います。打ち切りです。
売れなかったんですよね。これが現実で、全てです。

残念というか、無念というか、筆舌しがたいです。
悔しすぎて言葉が出てこない。
黒猫たち、それぞれのパーソナリティーのお話とか、
たくさん準備していたんですけど……

たとえば、ですが、
ティカの出生と育ての親(和尚)の話とか、
ナユタには(血はつながっていない)兄貴分がいたとか、
トンボは人間の良家の養子で、姉妹がたくさんいるとか、
チセとイヌガミ兄妹は同じ研究所の出身とか、
セツナは何故裏切り者になったのかとか……

ナツメの秘密だけはきちんと2巻分でやります。

それにしても、ああ……もったいない。
いろいろ好き放題できる舞台とキャラたちだっただけに、
もったいないことをしました。


連載のほうは滞りなく進むようにがんばりますので、
今しばらくお待ちくださいませ。